未経験者大歓迎。信州冷機は、技術と心意気が自慢です

  • 業界40年以上のベテランをはじめ、勤続10年以上の社員が多数在籍。腰を据えて、知識と経験を養うことができます。
  • 資格取得制度が充実。専門知識を身につけられます。
  • 大規模施設の空調設備工事も受注。完成時には大きな達成感があります。

先輩社員の声

入社○年目 片山義人
入社5年目 片山義人

「当たり前を支える」というやりがい

出社後、全員で朝礼をしてから現場へ向かいます。
私の主な仕事は業務用冷蔵庫、店舗用の冷凍ショーケースといった設備の搬入・据付です。通常は重機や専用の機器で作業を行うのですが、設置場所によっては途中から人力で搬入しなければならないこともあるため、技術だけでなく体力も必要とされます。
帰社後も打ち合わせや翌日の準備などがあり忙しいですが、社内の雰囲気はアットホーム。若手はベテランを尊重し、ベテランは若手を育成するという風土が根付いています。それは、作業は一人で行うものではなく、社員同士の連携が重要であると全員が理解しているからに他なりません。
コンビニやスーパーなどに冷凍・冷蔵設備があるのは当たり前のことです。ですが、その当たり前を支えるために、裏側では多くの人たちが関わっています。それを間近で感じることができるのも、この仕事の魅力です。

入社○年目 望月雄太
入社4年目 望月雄太

名産品の成長管理も、信州冷機の仕事です

私は空調設備全般を担当しています。着工から試運転、運用後の保守まで一貫して携わり、各種設備の修理も行っています。
幅広い知識が求められるので、はじめは覚えることが多く大変でした。それでも、私が質問したことに対して先輩が逐一丁寧に教えてくれるので、不安はありませんでした。また資格の取得に際しても会社から補助や手当が出るので、知識を身につける環境が整っています。
信州冷機の扱う空調設備は、一般的な冷暖房から、きのこの生産施設用のものまで様々です。
実は、長野県はきのこの一大産地です。温度や湿度の管理を怠るとうまく成長してくれないので、空調設備の持つ役割の大きさは言うまでもありません。そのきのこの生産施設の空調設備工事に携わることができるのは、私の自慢です。工事が完了した時の達成感は、他ではなかなか味わえないと思います。ぜひ一緒に働いて、この喜びを共有しましょう!

先輩社員の1日

ある施工担当社員の1日をご紹介!

出社、朝礼

8:00

現場へ移動

作業開始
▼10:00休憩

8:30~12:00

昼休憩

作業再開
▼15:00 休憩

13:00~17:00

帰社、
片付け、
翌日の準備

17:30

帰宅